免疫細胞療法・痔日帰り手術・下肢静脈瘤・レーザー治療・大腸・胃内視鏡検査の茨城県水戸市百合ヶ丘 金子医院
癌細胞とは、遺伝子異常を起こした細胞が、体の免疫機構をすり抜けて勝手に増殖するようになった細胞です。本来ならば、自己細胞と異なる標識を持った細胞はリンパ球の攻撃を受けて死滅するはずなのですが、癌細胞は免疫機構に異常を起こさせることが分かっております。発がんとは免疫機構の異常と考えることができます。いったん発生、進行してしまった癌を抑え込むには、よほど免疫を強化せねばなりません。そのために、免疫細胞の一部を体の外にとりだして、培養加工し強力に活性化したり、新しい機能を持たせたりしたうえで体に戻して治療を行います。
培養増殖させたリンパ球などを点滴などで体に戻す治療となりますが、これらはもともと自分の体の一部ですから、副作用がほとんどないことが、抗がん剤治療と異なる点です。また、抗がん剤の治療や放射線治療と併用することが可能であり、併用した方が効果が上がることもわかってきました。
癌に対する攻撃力が最も強いとされるTリンパ球を増殖、活性化させ体内に点滴で戻す治療です。Tリンパ球の多くはαβT細胞という種類であるために、この名前が付いています。
αβT細胞は、がんも含めた異常な細胞に対して攻撃する免疫細胞です。したがって、本治療法は免疫細胞の働きを総合的に高める効果があります。本治療法は、当院においてはもっとも多くの症例に使われています。
リンパ球のうち数パーセントしか含まれないγ δ T細胞を、増殖、活性化させて体に点滴で戻す治療法です。α βT細胞とは、癌細胞の認識の仕方や攻撃方法が異なるために、α βT細胞療法の無効であった症例に使うことがあります。骨転移巣に対して効果が高いことが分かっていますので、第一選択となることがあります。
患者さんの腹水や胸水が比較的多量に採取できる場合に使われることがあります。
この中に含まれる癌細胞を取り出し、患者さんのリンパ球と一緒に培養することで、この癌細胞を攻撃する免疫細胞(細胞障害性Tリンパ球)を作ります。これを体に戻す治療法です。
樹状細胞(dendritic cell, DC)とは、体内で癌細胞を直接攻撃するTリンパ球に、癌の目印(がん抗原)を教え、攻撃の指示を与える免疫細胞(抗原提示細胞)です。
樹状細胞に癌細胞のたんぱく質が取り込まれると、それが樹状細胞の中で分解され、がんの情報(癌抗原)として樹状細胞に記憶されます。すると樹状細胞は記憶した抗原を表面に目印として出します(抗原提示)。それを患者さんの体内に戻すことで、”目印”を頼りに癌細胞だけを攻撃するTリンパ球(細胞障害性Tリンパ球)を効率よく誘導することができます。
樹状細胞療法には2つの方法があります。
手術などで取り出した新鮮な状態(ホルマリン固定していない)の癌組織が手に入る場合、この癌組織を樹状細胞に取り込ませ、この癌抗原を覚えさせ、患者さんの体に戻すという治療が行えます。したがって、手術前に癌組織の一部を凍結保存する準備が必要であり、また、癌細胞にMHCクラスIという分子が強く発現している必要があります。発現の程度は免疫組織染色という検査でわかります。
新鮮な癌組織が手に入らない場合、代用として人工的に作成した抗原(抗原ペプチド)を樹状細胞に取り込ませ、体に戻すという方法をとることができます。この場合でも、癌細胞にMHCクラスIが強く発現している必要があります。また、抗原ペプチドを利用するには、患者さんの白血球の型(HLA)に応じたものがあるかどうかも調べる必要があります。HLAの合う抗原ペプチドがない場合には、この方法をとることができません。
異常な細胞全般を攻撃するNK細胞を増殖、活性化させ、体のもどす治療法です。
NK細胞は体の中を常時パトロールし、異常な細胞をいち早く発見して攻撃する初動部隊であり、癌細胞が目印を隠している場合にもこれを認識し、殺傷することができます。さらに、抗体と結合している癌細胞を効率的に攻撃するという特徴を有しており、治療で抗体医薬(ハーセプチン、リツキサン、アービタックスなど)を使っている場合に併用することで効果が期待できます。
治療期間は2週間おきの点滴を6回施行することが基本です。保険はきかず、現在は自費診療となっております。
瀬田クリニックグループとの医療連携により十分な安全管理の元に行っております。

瀬田クリニックグループのホームページ
痔の日帰り手術
免疫細胞療法
大腸ファイバー・内視鏡検査
そけいヘルニアの日帰り手術
下肢静脈瘤
手術症例数
がんワクチンについて
当医院のご案内
治療手術費用のご案内
医療法人 維誠会 金 子 医 院
〒311-1134 茨城県水戸市百合ヶ丘町8-5
TEL.029-304-0288 FAX.029-304-0308

痔日帰り手術・下肢静脈瘤・レーザー治療・ヘルニア手術・大腸・胃内視鏡検査なら日帰り手術の茨城県水戸市の金子医院

Copyright (C) 2013 KANEKO Clinic. All Rights Reserved.