がんワクチン

がんワクチンについて

がんの治療には手術、化学療法、放射線治療があります。通常はまず手術が選択され、悪いところは切除してしまおうと考えます。病気の場所や転移の状況、患者さんの体力などでは手術ができない場合や手術後再発があった場合に放射線治療、化学療法が選択されています。
実際の臨床では、これらの治療のいずれもが適法にならない患者さん(がん難民といわれています)が多く存在し、あなたのお病気はどんな治療をしても治りません、諦めてくださいというようなことをいわれる方がいます。また、現在の治療では満足な治療成績が上がっていないのも現実です。当院ではこういった患者さんを見捨てずに治療したいと考え、筑波のセルメディシン(株)と協力して約1年前からこの自家ワクチン療法を実施しています。
がん免疫療法は生まれたときから備わっているからだの中の免疫力を強化してがんを退治しようというものです。抗がん剤の治療や放射線治療のように患者さんの体力を奪うような治療法とは全く逆の治療法になります。免疫力には主に抗体を作ることで外敵を攻撃する場合(Tリンパ球、NK細胞(ナチュラルキラー)、CTL(細胞障害性T細胞))があります。CTLは癌に対して最強の攻撃性を持つと考えており、自家がんワクチン療法はこのCTLを誘導して用いていると考えてられています。

がんワクチンについて

ワクチンの原料は患者さんの切除した癌組織をホルマリンで固定したものです。通常手術で切除した組織はは病院で保存されています。1グラムほど組織が残っていればワクチンがつくれます。細かく砕いた癌組織に免疫刺激剤(アジュバントといいます)を混ぜ、生理食塩水に溶かしたものが自家がんワクチンです。
つまりその患者さんのその癌にしか効かないワクチンです。アジュバントは免疫細胞群を強く刺激する物質の総称で、刺激を受けた細胞は他の種類の免疫細胞を刺激する活性成分を放出するようになります。
アジュバントそのものが免疫療法剤でもあるのですが(これを非特異免疫療法という)、自家ワクチン療法では安全性の高い成分を厳選して混合し作っています。

自家がんワクチン

自家がんワクチン

自家がんワクチンを接種すると、固定された(ホルマリンで)癌組織が樹状細胞など抗原提示細胞に取り込まれ、その中で消化されます。消化途上でできた癌抗体の一部がヘルパーT細胞(CD4T細胞)に提示され、ヘルパーT細胞が活性化し、それがキラーT細胞(CD8T細胞)を刺激します。このキラーT細胞が、生きている癌細胞の表面に出ている癌抗原(異常目印)を認識してがん細胞を殺すCTLです。
CTLのもととなるTリンパ球は誰にでもあり、血中を流れています。癌抗原を認識して、がん細胞を殺せるようにトレーニングし増殖させる必要があります。
そのトレーニング役が樹状細胞です。樹状細胞は死んだがん細胞を取り込んで消化し、その情報をヘルパーT細胞に伝えます。ヘルパーT細胞が活性化しサイトカリン類(リンパ球などの免疫細胞群に働きかける物質類)を放出し、これがCTLのもととなるTリンパ球を活性化し増殖させるのです。このとき樹状細胞は直接CTLと接触し活性化することも知られています。
自家がんワクチン療法は現在まで700例以上に全国で行われ、少しずつ治療成績が出てきています。下の写真は脳腫瘍に対して自家がんワクチン療法を行い、良好な結果を得たケースです。右側頭葉にできた癌が25%ほどに縮小しているのがわかります。

自家がんワクチン

次は大腸がん術後の傍大動脈リンパ節転移の患者さんの写真です。4センチ大のリンパ節がみられ、手術では根治的に切除するのは難しく、抗がん剤、放射線治療でも治療困難と考えられるケースです。

自家がんワクチン
自家がんワクチン

リンパ節がほぼ消失しています。全ての症例にというわけではありませんが、明らかに自家がんワクチン療法が有効であったと考えられる症例があります。
症例数が少なく、統計的な結果がまだ出し切れない段階ですが、特に肝臓がんに対しては有効であると考えています。

自家がんワクチンによる肝がん再発制

いろいろな癌に対して少しずつ症例は集まり有効率がでてきていますが、おおよそ30%台ではないかと考えています。抗がん剤治療、放射線治療と比較し、遜色ない数字であるとかんがえています。