切れ痔

切れ痔(裂肛)とは

肛門の皮膚が、便の通過によって切れてしまった状態で、便秘が多い女性がなりやすい傾向があります。硬い便や太い便の通過で切れるケースが多いのですが、勢いが強い下痢でも切れてしまうことがあります。肛門は粘膜ではなく皮膚なので知覚神経があり、痛みが強いのが特徴です。出血は少なく、拭いた紙に付着する程度です。
切れた部分に便が擦れると痛いので排便を無意識に避けて便秘になり、再び切れるという悪循環を起こすことがよくあります。慢性化して切れ痔の傷が深くなると肛門の狭窄が起こり、便を出せなくなることもあります。

 

切れ痔(裂肛)の主な症状

初期には、排便時の痛みがあり、強く痛むことが多いのですがしばらくすると痛みが解消します。出血は、トイレットペーパーに少し付着する程度です。切れた場所によっては痛みが弱く、出血が少し見られるだけという場合もあります。
慢性化すると肛門に潰瘍や腫れ(見張りイボ・ポリープ)ができることがあります。また、肛門括約筋が過度に緊張してはげしい痛みを生じることもあります。さらに進行すると肛門が狭窄して便が細くなり、排便時の痛みが強くなって長く続き、排便が困難になるケースもあります。

 

切れ痔の治療

院内写真切れ痔の症状が現れて慢性化していない段階の場合、保存療法で比較的短時間に治すことができますので早めに受診してください。痛みや炎症を抑える薬、便を柔らかする薬を使いますが、再発させないよう便秘や下痢を防ぐ治療も行っていきます。食事や排便習慣の改善も重要です。

慢性化した切れ痔の場合、同じ場所が何度も切れることで潰瘍を生じ、傷が深くなっています。保存療法で治せることもありますが、見張りイボなどができている場合にはそれが残ってしまいます。さらに悪化すると傷が線維化や瘢痕化を起こして肛門が狭窄するため、排便が困難にならないよう手術が必要になります。

切れ痔の手術

用指肛門拡張術

肛門括約筋が過度に緊張して強い痛みが生じている場合に、緊張をゆるめるために行う手術です。局所麻酔をして、医師が指で肛門を広げるもので切開の必要はなく、日帰りで受けることができます。

裂肛切除術、肛門ポリープ切除

傷が深くなって保存療法では治療できない場合に行われます。裂肛部分を切除しますが、見張りイボや肛門ポリープも同時に切除可能です。日帰り手術が可能です。

皮膚弁移動術(SSG)

慢性化して狭窄を起こした場合にも有効な手術です。深い傷の線維化した部分や瘢痕化した部分を取り除いて、欠損部分に近くの皮膚を持ってきて被せます。日帰り手術が可能です。

手術費用について

麻酔の内容や手術の手法などにより費用は異なりますので、下記でご紹介している金額はあくまでも目安とお考え下さい。なお、健康保険適用で3割負担の場合の金額です。

肛門ポリープ切除術 日帰り X,000円
裂肛根治手術 1日入院 XX,000円
肛門形成手術 1日入院 XX,000円