肛門外科について

肛門外科について

肛門について肛門は、排便の機能をコントロールする器官です。食べ物は口から入って、胃と小腸で消化・吸収されたあと、消化されずに残った不要物が大腸で便となって肛門へと送られます。肛門では、便が漏れ出さないようにしっかりと出口を締めて貯留したり、便意を感じたら出口を緩めて排便したりします。肛門は複雑で繊細な構造をしていて、便とガス(おなら)を判別したり、便の硬さや太さに応じて肛門の周りの括約筋を緩めたり収縮することができます。
このような複雑な働きをする肛門のどこかで異常が起こると、肛門や周辺に様々な病気が起こる可能性があります。肛門の代表的な病気は、いぼ痔・切れ痔・痔ろうで、三大肛門疾患とも呼ばれています。

肛門の構造

肛門の構造肛門は表側の皮膚部分で、内側の直腸粘膜との境目には歯状線があります。歯状線は少し内側に入り込んだ場所にあって、そこには肛門陰窩という小さなくぼみがあります。肛門を締め付けているのは内括約筋と外括約筋という筋肉です。また肛門周囲には網目状に血管が広がっていて弾力性があります。
肛門科では、肛門やその周囲の皮膚部分に加え、歯状線、直腸などの疾患を診療します。

肛門外科の診察について

「ちょっと恥ずかしい」と気後れして肛門外科の診療にためらいを感じる方も多いと思います。どんな診察があるのかわからない、というご不安があると思います。そのご不安を解消するために、当院で行っている最も一般的な診療の内容を具体的にお伝えします。

受付

当院ではプライバシーに配慮した診療をスタッフ全員が心がけています。初診や再診にかかわらず、受付で受診する診療科や疾患名などをうかがうことはありません。また当院では内科、消化器内科、外科など幅広い診療を行っているため、周囲に肛門科を受診していると気づかれずに、気兼ねなく通院いただけます。

診察室

診察室は完全な個室で、話の内容が待合室などに伝わってしまうことはありません。また、肛門外科の手術の際には、手術専用の待合スペースがありプライバシーにも配慮しています。

診療時の姿勢

診療台に寝て横向きになり、軽く両膝を曲げる、Abelの体位をとっていただきます。

肛門外科の診察の流れ

Step1受付

受付受付で保険証やお薬手帳を提出いただき、問診票にご記入いただきます。わからないことがありましたら、なんでもスタッフにお尋ねください。

Step2問診

問診票を参考に、現在の自覚症状などをくわしくうかがいます。

Step3診察の準備

より安心いただけるよう診療台の周りのカーテンを閉じ、横向きに寝て膝を軽く曲げたら、看護師がバスタオルを腰にかけます。

Step4肛門の診察

肛門の診察医師の診察でははじめに視診で観察します。その後、医療用の潤滑ゼリーをたっぷり塗って、ゴム手袋をした指で内部の触診を行います。次に肛門鏡検査を行います。これは細い筒状の検査器具です。医療用ゼリーを十分に用い、痛みに配慮しながら診察を行うことで、苦痛や不快感を最小限に抑えられるようにしています。

Step5診断・説明

診断・説明診察や検査の結果をもとに、医師が患者様に現在の状態をわかりやすくお伝えします。さらに他の検査を行う必要がある場合には、しっかりご説明してから行います。診断が確定したら、今後の治療方針についてご相談していきます。

 主な肛門の病気 

  • いぼ痔(内痔核・外痔核)
  • 切れ痔(裂肛)
  • 穴痔(痔ろう)
  • 血栓性外痔核
  • 肛門周囲膿瘍
  • クローン病などによる肛門疾患
  • 直腸脱
  • 直腸瘤
  • 肛門掻痒症
  • 肛門周囲炎
  • 肛門尖圭コンジローマ
  • 単純性ヘルペス
  • 膿皮症
  • 毛巣洞
  • 乳児痔ろう
電話番号029-304-0288 外来・検査の24時間WEB予約 事前WEB問診
外来・検査の24時間WEB予約事前WEB問診