アニサキス症

以下のような症状でお困りではありませんか?

  • 激しい胃痛
  • 激しい腹痛
  • 嘔吐
  • 蕁麻疹等のアレルギー症状

特に新鮮な生の魚を食べてから数時間~十数時間後にこのような症状が現れた場合、アニサキス症の可能性が多いにあります。早めに医師の診察を受けるとともに、胃カメラ検査を受けることを推奨します。

アニサキス症とは

新鮮な生の魚に寄生している1~2センチ程度の「アニサキス」という寄生虫が胃の中を刺激し、アレルギー反応を引き起こすことで激しい胃痛や嘔吐等の症状が現れることを「アニサキス症」と言います。アニサキス症の症状の現れ方は他の病気と比較して非常に激しくなる傾向があると共に、合併症を引き起こし重症化する可能性もあるため、医師による適切な診察・検査・治療が不可欠です。

アニサキス症の原因・予防

お寿司やお刺身等の新鮮な生の魚を食べることにより、食べた魚に寄生していたアニサキスが胃の中に取り込まれることがアニサキス症の原因です。魚の中でも下記の魚は特にアニサキスが寄生しているリスクが高いです。

  • イカ
  • サバ
  • アジ
  • イワシ
  • サンマ

アニサキスは加熱または冷凍により死滅します。そのため、魚を食べる際はできる限り一度冷凍された物や加熱された物を食べるようにすると共に、新鮮な生の魚を食べる際はアニサキスが付着していないか目視で確認することが大切です。

アニサキス症の検査・治療

アニサキス症の可能性がある場合、検査として「胃カメラ検査」を行います。胃カメラ検査とは口や鼻からカメラを挿入し、直接胃の内部を観察し、診断をしていく検査のことです。 胃カメラ検査を行うことで、胃の内部のアニサキスの有無を直接確認し、アニサキス症であるか否かの診断をすることが可能です。また、食後の場合は、胃カメラ検査の実施が難しいため、腹部エコー検査を代替で行うこともあります。

更に、検査により胃の内部にアニサキスが発見された場合、そのまま鉗子を用いてアニサキスを除去することで治療も同時に行っていきます。

当院ではアニサキス症の対応が可能です

このようにアニサキス症の治療において「胃カメラ検査」は必要不可欠です。胃カメラ検査と聞くと「気持ち悪くなりそう」「辛そう」等のイメージを持っている方が多く、胃カメラ検査は忌避されやすいです。しかし、当院ではそのようなイメージを払拭するために鎮静剤を使用したり鼻からできる胃カメラ検査を行うことで気軽に受けることができる胃カメラ検査を提供しております。

アニサキス症の可能性がある方をはじめ、何かお困りの方はお気軽に当院までご相談ください。

08024505838 外来・検査の24時間WEB予約 事前WEB問診
pagetop
医療法人維誠会採用サイトへのリンクボタン
pagetop
事前WEB問診 外来・検査の24時間WEB予約
医療法人 維誠会 採用サイト医療法人 維誠会 採用サイト