痔の日帰り手術

ジオン注射療法について

内痔核を切らずに注射だけで治療できるのがジオン注射療法です。日帰りで受けることができ、痛みもほとんどないため、大きな話題を呼び、お問い合わせも増えています。
気軽に受けられる治療法ですが、四段階注射法という繊細で特殊な手技により、注射する角度や深さ、位置、注入する薬剤の量などを精密に行っていく必要があるため、施行許可を受けた認定医だけが行うことができます。

ジオン注射で治療可能な痔とは

ジオン注射療法は内痔核の治療に有効な治療法です。肛門や直腸周辺にはやわらかい組織があって、肛門を自然に閉じるクッションの役割を担っています。この組織には毛細血管が縦横に張り巡らされていますが、肛門への負担が大きくなると血管が太くなって蛇行し、静脈瘤のようにふくらんだ痔核になります。冷えやいきみ、立ち続ける・座り続けるなどは肛門への負担が大きく、痔核を作る原因になります。肛門にできたものは外痔核、肛門の内側にできたものは内痔核で、ジオン注射療法が有効なのは内痔核です。
内痔核ができただけでは痛みなどの自覚症状がありませんが、便などの通過によってこすれると出血を起こします。かなり大量に出血することもあります。さらに進行すると内痔核が排便の際に脱出するようになります。最初は自然に戻りますが、そのうち指などで押し込まないと戻らなくなり、最終的には押しても戻せなくなります。進行により、外痔核をともなった内外痔核となることもあります。

 

日帰りで受けられるジオン注射療法の内容

院内写真最初に痔核上側の粘膜下層、次に痔核中央の粘膜下層、痔核中央の粘膜固有層、最後に痔核下側の粘膜下層に注射する四段階注射法を精密に行っていく治療法です。1つの痔核に対し4ヶ所に注入するため、必要な部分に薬剤が十分浸透します。注入するのは、出血や脱出を改善する硫酸アルミニウムカリウム水和物と、その働きを調節するタンニン酸を有効成分とした薬剤です。複数の痔核への治療も可能です。
注入後、早い段階で痔核への血液量が減少し、翌日には出血が減少します。脱出も数日後には軽減し、なくなっていきます。1週間~1ヶ月経過すると痔核が縮小し、支えている支持組織が元の位置に癒着して固定され、脱出が起こらなくなり、肛門周辺の腫れも軽減していきます。
知覚神経がある皮膚の肛門と違い、内痔核のある部分は粘膜ですから注射による痛みがなく、切開を行わないので術後の出血も起きにくくなっています。そのため、日帰りで受けることができ、治療後は2時間程度お休みいただいてから、ご自分で歩いてご帰宅できます。ただし、ジオン注射療法は外痔核の治療には用いることができません。

ジオン注射療法後の排便に関するご注意

治療後に便が出ない、便が少ないなどがあった場合には、早めに受診してください。
治療後ご帰宅してから、当日の排便も可能です。ただし、無理にいきまず、5分程度にとどめるようにします。排便時の出血は、治療から1ヶ月以上経過してからも起こる可能性があります。数日しても治まらない・出血量が多い・腹痛をともなうなどがあった場合には、できるだけ早く受診してください。

当院の痔核手術

リカバリールーム手術の基本は痔核組織を切除し、痔核の一番奥、直腸内にある流入動脈を結紮することです(結紮切除術)。痔核の内部には拡張した血管、肥厚した繊維組織があり、上直腸動脈からの流入血管からの血液流入により痔核がふくらんでいるわけです。この動脈を縛ることが手術の基本です。切除した後の直腸粘膜、肛門皮膚は縫合します。日帰り手術で切除できる痔核は2つまでと考えています。手術時間は15分ほどです。麻酔は局所麻酔あるいは腰椎麻酔を用います。2時間ほど院内のベッドで休んでいただき、帰宅してもらいます。術後1日目に診察に来ていただき、1週間に再診となることが多いです。1週間ほどなるべく安静にしていただいております。

術後の気になる点

手術直後の痛みは…?

手術後麻酔の効果が2~3時間持続します。また、手術直後に痛み止めの座薬を挿入しますが、効果が5時間ほどあるかと思います。帰宅までの時間はこれによりカバーできます。その後は痛み止めを処方しますので、定時に使うようにしていただきます。

排便時の痛みは…?

通常手術翌日に排便があります。その時はやや痛みがあるかと思います。しかし、できれば肛門が十分に開くように足を思い切り広げ、両手でお尻を引っ張り上げるような姿勢で排便するようにしてください。痛みが少し楽になると思います。排便の少し前に頓服の痛み止めを服用しておくこともお勧めします。便を少し柔らかくする薬を処方しますので、怖がらずに排便するようにしましょう。

出血は…?

結紮切除をした場合、創を開放してありますので、1週間ほどは便に少しつく程度の出血は認めると思いますが、問題ありません。2週間ほどは出血のリスクはありますから、強く腹圧をかけたり、激しい運動をすることは避けてください。

食事は…?

特に食事制限はございません。手術当日や翌日は消化のよいお粥のようなものがよいでしょう。排便を怖がり、あまり食べない方をたまに見かけますが、しっかり食べてきちんとした排便習慣をつけた方が創の回復は良いようです。

お風呂は…?

手術翌日からシャワーに入れます。3日間ほどシャワーにしていただき、その後入浴できます。ジオン注射の場合は手術翌日よりお風呂に入れます。