潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎とは

大腸に炎症を起こす疾患は、原因がはっきりとわかる特異的炎症性腸疾患と、原因がよくわかっていない非特異的炎症性腸疾患があります。潰瘍性大腸炎は非特異的炎症性腸疾患で、大腸粘膜に炎症が起きてびらん(ただれ)や潰瘍を生じ、症状が治まる寛解期と再燃期を繰り返して進行します。原因がよくわかっていないため根治できる治療法がなく、厚生労働省から難病指定を受けていますが、適切な治療を続けることで寛解期を長くキープして普通の生活を送ることも可能です。
炎症によって腫れや発熱、腹痛などの症状を現しますが、これは異物から身体を守ろうとして免疫が過剰に働き、身体を傷付けることで起こっています。潰瘍性大腸炎の発症は免疫反応の関与が指摘されており、過剰に作り出されたTNF-αという体内物質が炎症を起こしていることがわかっています。

主な症状

  • 下痢
  • 血便
  • 腹痛
  • 発熱
  • 貧血
  • 体重減少

上記のような症状が現れる再燃期と、症状が落ち着いた寛解期を繰り返すため、症状を緩和させたら寛解期をできるだけ長く保つことが治療の中心になります。症状がなくなったからと寛解期に治療を中断してしまうと、再燃して強い炎症を起こしてしまうため、地道な治療が不可欠です。
なお、発症してから長期経過すると大腸がん発症のリスクが上昇するため、定期的に内視鏡検査を受ける必要があります。

合併症

再燃してはげしい炎症が続き、腸管壁の奥に炎症が進行した場合、大量出血や狭窄、穿孔、腸内にたまったガスで中毒を起こす巨大結腸症などの腸管合併症を起こす可能性があります。こうした場合には緊急手術が必要です。
また、腸管以外の関節や皮膚、眼に病変が現れるケースや、口内炎、肝胆道系障害、結節性紅斑などの合併症が現れる可能性もあります。

検査・診断

カメラ問診で症状や病歴などについてくわしくうかがって、必要な検査を行います。
内視鏡検査、レントゲン検査、病理組織検査などがありますが、内視鏡検査であれば大腸粘膜を直接、観察できるため、潰瘍性大腸炎に特有の病変を確認できますし、組織採取もできるため病理組織検査も可能です。

治療方法

薬物療法が中心になります。症状を緩和させて寛解に導き、寛解期にはそれを長くキープさせるための治療を継続して行います。炎症の抑制には5-ASA製剤を使いますが、炎症が強い場合にはステロイドを使います。他に、免疫を抑制する免疫調節薬、抗TNF-α抗体の生物学的製剤、抗菌薬なども使われます。

 

薬物療法

5-ASA製剤

小腸と大腸の炎症にも効果があるメサラジン、大腸の炎症を抑えるサラゾスルファピリジンなどを用います。5-ASA製剤は寛解の維持にも有効なので継続投与も行われます。症状や状態によって、経口薬、坐剤、注腸剤から適切なものを使っていきます。

ステロイド・副腎皮質ホルモン

強力な炎症抑制作用を持っているブレドニゾロンを使って悪化した炎症を寛解に導きます。症状や状態によって、経口薬、坐剤、注腸剤から適切なものを使っていきます。

免疫調整薬

アザチオプリン、6-メルカプトプリン、シクロスポリン、タクロリムスなどがあります。潰瘍性大腸炎のはっきりとした原因はわかっていませんが、免疫が関与していることはわかっています。免疫調整薬は過剰な免疫反応を抑制することで寛解期に導く効果が期待できます。ステロイドの使用量を減らす目的で使われることもあります。

抗TNF-α抗体製剤

インフリキシマブ、アダリムマブ、ゴリムマブなどがあります。潰瘍性大腸炎の炎症を起こしているTNF-αという体内物質が過剰に作られることを抑制します。

日常生活における注意点

寛解期を保つことで健康な時とほとんど同じ生活を送ることができます。厳格に守るべき制限はありませんが、日常生活に注意することは寛解期をキープするために役立ちます。

運動と食事

過度な運動は避けましょう。疲れない程度の運動は、潰瘍性大腸炎によい効果を与えるという報告もありますので、医師に相談して適度な運動を行うようにしましょう。
暴飲暴食は避けてください。他には特に制限がないため、適度な量の食事をおいしく楽しむよう心がけてください。アルコールの影響についてはまだよくわかっていませんが、寛解期の適度な飲酒は問題ないとされています。

 

妊娠・出産

再燃させないよう治療を続けながら寛解期に問題なく妊娠・出産したケースは数多くあります。ただし、妊娠中も服薬を続ける必要があるため、胎児への影響を考慮する必要があります。妊娠していきなり服薬を中止すると、再燃させて強い薬剤を使わなくてはならない事態になる可能性が高くとても危険です。できれば妊娠前にしっかり主治医と相談しておくことをおすすめしています。