下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは

ふくらはぎや太ももの内側などに血管がボコボコと浮き出た状態をいいます。「すばこ」などとといわれていて、家族内に多発することもあります。正常な状態の下肢の静脈内には、ところどころに逆流防止弁があり、血液は下から上に(心臓の方に)しか流れません。ところが、下肢静脈瘤の方の場合、ソケイ部近くあるいは膝の後ろなどの部位で弁が壊れていて、深部静脈から皮膚近くの大伏在静脈や小伏在静脈に逆流が生じています。下肢の下の方に血液がたまることから、血管が膨れ、ひどくなると皮疹や潰瘍を形成することになります。また、膨らんだ血管の中に血栓が形成されると肺梗塞の危険があります。下肢のむくみ、だるさ、下肢のつり、疼痛を訴えて来院される方が多いです。弁が破たんする原因はよくわかっていませんが、遺伝的な素因や長時間の立ち仕事、妊娠出産などが悪化原因と考えられています。

 

下肢静脈瘤の治療

ライト軽度のものであれば、弾性ストッキングという固いストッキングを着用することで様子を見てよいと考えます。外見上、気にされる方であれば、硬化療法といって、小さな静脈瘤内に硬化剤を注射することで静脈瘤を目立たなくすることが可能です。これは外来処置で簡単にできます。ある程度進行した場合は手術でしか治療できません。2つの方法があり、逆流している血管を引き抜いてしまう、内翻式静脈瘤抜去術(ストリッピング術)と、静脈を引き抜かずに静脈内からレーザーを使いこれを閉塞させる、血管内焼灼術とがあります。いずれの方法も保険診療で可能となりました。当院では、より患者さんへの侵襲の少ないレーザー手術が行われることがほとんどであります。手術時間は30分ほどです。局所麻酔で行いますので、手術後すぐに歩くことができます。血管が強く蛇行している場合や血管が皮膚直下の浅い位置にある場合にはレーザーの適応とならないことがあります。

下肢静脈瘤の原因について

下肢静脈瘤は、心臓に戻る血液が足で逆流を起こして血足にたまり、静脈が腫れて瘤ができる病気です。
血液は心臓から動脈を通じて全身に届き、酸素や栄養素を届けます。その後血液は静脈を通じて心臓に戻っていきます。心臓から送り出される動脈の血液は心臓というポンプの力で全身に送られますが、静脈にはその力が及びません。そのため、静脈には血液の逆流を防いで心臓に血液を戻しやすくするための静脈弁があります。足は心臓から遠く、下にあって重力の影響を受けるため静脈弁にかかる負担が大きく、壊れやすい場所です。足の静脈弁が壊れて戻り切れない余分な血液がたまると静脈が腫れ、瘤を作ります。これが下肢静脈瘤のできる原因です。
遺伝的な要因もありますので、血縁者に下肢静脈瘤がある場合はリスクが高いと言えます。また、リスク要因には、立ち仕事、妊娠・出産、加齢などもあり、女性に多く発症する傾向があります。

このような症状があったら受診しましょう

下肢静脈瘤の代表的な症状には、下記のようなものがあります。

  • 睡眠中、特に明け方に足がつることがある
  • 夕方になると足がむくむ、だるい、重い
  • 足が疲れやすく、なかなか回復しない
  • 横になって足を上にあげると楽になる
  • 足がかゆい、湿疹ができやすい
  • 足の血管が浮き出ている
  • 足の細かい血管が透けて見える
  • 足の血管がボコボコと腫れている
  • 皮膚が変色や色素沈着を起こしている
  • 足にできた傷や虫刺されが治りにくい
  • 皮膚が硬くなった
  • 皮膚に潰瘍できる

症状には個人差がありますが、自然に治ることはありません。
足の症状がつらく、立ち仕事が続けられなくなるケースもあります。また、ボコボコと蛇行した腫れが気になってスカートがはけない、温泉などに行けなくなったなどのお悩みを持つ方もいらっしゃいますし、放置して進行させてしまうと湿疹や潰瘍が繰り返しできる場合もあります。
快適な生活を守るためにも、気になる症状があったら早めにご相談ください。

下肢静脈瘤の種類

伏在静脈瘤

足の最も太い静脈の「伏在静脈」で形成された静脈瘤です。伏在静脈には、大伏在静脈や小伏在静脈の2種類があります。

 

側枝静脈瘤

側枝静脈は、伏在静脈から枝分かれした先にある静脈です。その側枝で形成された静脈瘤です。

 

網目状静脈瘤

皮膚を通して薄青い網の目状に血管が透けて見える状態です。皮膚の直径2~3mm下にある細い静脈で形成されています。

 

クモの巣状静脈瘤

赤紫のクモの巣のように放射して拡張したものが皮膚から透けて見える状態です。皮膚の1mm下にある細い静脈で形成されており、網目状よりも浅い位置に形成されています。