血便

血便とは

血便は鮮血に近い赤い血液が便に付着、または混じっている状態で、下血の一種です。便が全体的に黒っぽくなるのはタール便と呼ばれ、血液が腸内細菌に分解されているため、食道や胃などからの出血している可能性が高いと言えます。一方血便は鮮やかな赤なので、大腸や肛門からの出血が原因になっています。

 

血便の原因となる病気

血便は痔で起こることが多く、特に肛門内に痔核ができる内痔核は大量の出血を起こすこともあります。そして、血便は大腸がんや将来がん化する可能性が高い大腸ポリープによる出血で起こることもあります。大腸がんや大腸ポリープはできるだけ早い切除が重要です。なお、健康診断などで行われる便潜血検査は、大腸がんやポリープによる微量の出血がないかを調べる検査です。
また、潰瘍性大腸炎やクローン病など、炎症性の難病も血便を起こすことがあります。どちらも、適切な治療をいち早く受けないと重篤な症状につながりやすく、生活に多大な影響を与える可能性があるため注意が必要です。
血便があったらすぐに専門医を受診してください。

いぼ痔(痔核)の内痔核では、自覚症状なく進行して大量に出血するなど血便で気付くケースがかなりあります。切れ痔(裂肛)では、拭いた時にペーパーに付着する程度で、便に付着している場合もほとんどの場合は少量です。どちらの場合であっても、早期であれば薬物療法で比較的早く症状を改善できます。ただし再発しやすいので生活習慣改善も重要になってきます。切れ痔では、便秘が悪化の悪循環につながりますので便秘の解消も重要です。

大腸ポリープ・大腸がん

大腸がんや将来がん化する可能性がある大腸ポリープが硬い便の通過する位置にできると、便が通過する際にこすれて出血し、血便という症状が起こることがあります。気付かないほど少量の出血が起こることもあるため、便潜血検査で発見されることもあります。ただし、やわらかい便が通過する場所にできた場合は陰性になってしまうため、便潜血検査で進行した大腸がんを見逃してしまうこともよくあります。
大腸がんは、早期に発見して切除することで根治が可能です。ただし、早期に見つけるためには、大腸内視鏡検査が不可欠であり、定期的な内視鏡検査が有効です。

進行大腸がん、直腸がん

血便の他に、便に粘液が付着する、大量に出血する、下痢や便秘を繰り返す、残便感や腹痛がある、便が細くなるなどの症状が現れます。ただし、こうした症状は他の大腸疾患でも起こるため、内視鏡検査で大腸粘膜の状態を確認した上で、組織を採取して確定診断する必要があります。

潰瘍性大腸炎

下痢や血便が早期の症状で、進行すると便に粘液や膿が混じるようになり、発熱や腹痛、貧血、体重減少などの症状が現れ、全身に症状を現す合併症を発症することもあります。原因がよくわかっていないため根治できる治療法はなく、厚生労働省の特定疾患として難病認定されていますが、適切な治療を続けることで普段の日常と変わらない生活を送ることも可能な病気です。症状がおさまっている寛解期と、症状が現れる再燃期を繰り返すため、寛解期をできるだけ長くキープする治療が重要になります。同じく難病指定されていているクローン病とは、治療内容が異なるため、確定診断のためにも血便がある場合には、できるだけ早く専門医を受診する必要があります。

大腸憩室症

憩室は袋状の組織で、それが大腸にできています。憩室ができた段階では症状がありませんが、炎症が起きた憩室炎になると出血を起こして血便を生じることがあります。便に血液や粘液が少し付着する程度で出血量はそれほど多くありません。

虚血性大腸炎

動脈の閉塞や狭窄によって、大腸に血液が送られなくなり、酸素が不足して炎症を起こします。症状は急激に現れ、主なものに血便や腹痛があります。動脈硬化によって起こるため、生活習慣病がリスク要因です。

感染性腸炎(出血性大腸炎)

細菌やウイルスの感染による炎症です。血便の他に、下痢、発熱、腹痛、吐き気、嘔吐などが起こります。サルモネラや赤痢、病原大腸菌などの細菌によるものが多く、便を採取して原因菌を調べる必要があります。

偽膜性腸炎

偽膜は異常増殖した菌が毒素を出して腸の粘膜を傷付けた際にできるもので、偽膜性腸炎になると血液や粘液が混じったはげしい下痢を起こします。抗生物質を長期間服用すると腸内が殺菌されて菌交代現象を起こしますが、これにより毒素を起こす菌が異常に増殖して偽膜性腸炎を起こすことがあります。

血便の検査と治療

1問診

症状の内容や起こりはじめた時期、症状を起こす前に食べた食事内容、病歴や普段飲んでいる薬などについてうかがっていきます。

2検査

診察室血液検査、便検査、出血箇所を調べるために直腸指診や大腸内視鏡検査で大腸粘膜の状態を確認します。内視鏡検査では病変の組織を採取できるため、確定診断が可能です。また、必要があれば、腹部超音波検査、CT検査などを行う場合もあります。
便検査は結果が数日後に出ますので、感染の疑いがある場合には症状の緩和や脱水予防などの対症療法を先に行い、結果が出て感染性腸炎であることが判明したら、適切な抗生剤を使って治療していきます。

3治療

原因となっている疾患によって適切な治療を行っていきます。症状が同じでも、治療方法は全く違うことがよくありますので、血便があった場合は必ず専門医を受診してください。