胃痛

胃痛とは

胃痛とは一般的にみぞおち辺りに痛みを感じる状態のことを表します。

胃が正常の場合は、胃を胃酸から守る「防御因子」と食物を消化するための胃酸「攻撃因子」がバランス良く保たれているため健康な状態が保たれています。
胃痛が起きている場合はなにかしらの要因によってバランスが崩れてしまっている状態なのです。

胃痛の程度や現れ方はそれぞれで主に以下のように表現されます。

  • 鈍い痛みが継続する(シクシクする)
  • 鋭い痛みが走る(キリキリする)
  • 脈打つような痛みが絶えず続く(ズキズキする)
  • 締め付けられる痛みを感じる(キューとする)

以下の症状がある方は受診してください

胃痛の種類は様々ですが、下記のような胃痛症状は緊急性が高いと判断されます。早急に消化器内科を受診しましょう。

  • 我慢できないほど激しく痛む
  • 背中に抜ける痛みがある
  • 痛む個所が時間とともに移動する
  • 徐々に痛みが悪化する
  • 発熱・吐き気を伴う
  • 市販薬を使用しても改善しない

胃痛はよく起こる症状のひとつと思われがちですが、実は命に関わる重症な疾患だったなんてことも少なくないのです。
中には、緊急処置が必要となる疾患もあるため上記の症状に当てはまる場合は早めに医療機関で診察を受けてください。

胃痛の原因

胃痛とはいっても、様々な原因が考えられます。単純に痛みを止めるだけではなく、胃痛の原因を特定し、根本治療をしていくことが重要です。

  • 消化器疾患による胃痛

    胃痛の原因疾患として最も考えられるのが消化器疾患です。胃痛を伴う消化器疾患は多種多様で胃の周りにも大腸、胆嚢、肝臓、腎臓などたくさんの臓器が存在しています。

  • ストレス

    胃や十二指腸の機能は自律神経によって調整されています。ストレスによって自律神経が乱てしまうと、胃酸が過剰に分泌され胃の粘膜にダメージを与えてしまいます。その結果、シクシクする、キリキリするといった痛みを感じるのです。

  • 食生活

    消化しにくいものを多く摂取することによって、胃酸が多く分泌されてしまいます。他に胃酸の分泌を促進するものとして、アルコールの過剰摂取、喫煙、刺激物などが上げられます。

  • 妊娠によるホルモンバランスの乱れ

    妊娠中はホルモンバランスの乱れによりストレスを受けやすい状態になったり、黄体ホルモンの増加が原因で胃腸機能が低下してしまいます。
    よって、妊娠中は胃痛を起こしやすくなってしまうのです。

  • 睡眠不足、疲労
    睡眠不足などの生活の乱れは胃酸の過剰分泌を促す因子のひとつになります。
  • 喫煙
    タバコに含まれるニコチン成分は血管を収縮させて血行を悪くし、胃粘膜の抵抗力が下がってしまいます。同時に胃酸の分泌を促進するため胃痛を引き起こす要因になります。

胃痛で考えられる疾患

胃がん 

胃がんは、内臓の炎症や腫瘍による圧迫で局所的な痛みを感じられます。胃がんは、肺がん、大腸がんに次ぎ死亡数の多い疾患です。しかし現在の医療技術では早期発見で治療が可能になりましたので他人事と思わずに定期的な検査を受けましょう。

急性胃炎

胃酸が過剰分泌され、胃粘膜を攻撃することで炎症が生じている状態です。
突然胃がキリキリ、シクシクするような痛みを感じ、胃の膨満感、胸やけ、吐き気を感じます。

慢性胃炎

炎症が繰り返し起こり、胃粘膜が衰弱して修復が追いつかない状態のことをいいます。
慢性的に膨満感、げっぷ、胸やけなどの症状がみられます。

逆流性食道炎/胃食道逆流症

胃の内容物が食道内に逆流し、胸やけや胃痛を引き起こします。
食道には胃液などの強酸に対する抵抗が低いため長く胃酸にさらされてしまうと潰瘍を起こし、食道がんのリスクが上昇してしまいます。

胃潰瘍/十二指腸潰瘍

胃酸の過剰分泌や胃粘液の分泌減少により、胃酸にされされた胃や十二指腸の一部が損傷している状態です。胃潰瘍は食後に胃痛が起こり、十二指腸潰瘍は空腹時に胃痛が起こる場合が多いといわれています。
要因としては、ストレスやピロリ菌、頭痛・腰痛等の鎮痛剤などが考えられます。

機能性ディスペプシア

潰瘍や炎症、がんなどの異常がないのにもかかわらず、胃もたれ、膨満感等の不快感を感じる症状が起きる疾患です。主に食後に痛みを感じられ、要因としては精神的ストレスが考えられます。

対処法

医療機関で受診

自身で原因を特定できない場合や、痛みが長く続く場合は医者ご相談ください。
また市販の薬では、年齢制限により小児や高齢者が服用できない場合もあるので必ず医療機関で処方してもらいましょう。
診断は消化器内科で受けることができます。ストレスが原因の場合は精神科、心療内科でも受診が可能です。

消化の良いものを食べる

胃にやさしい、おかゆやうどんなどを取り入れることをおすすめします。
以下のものは胃酸の分泌を促進するものなので適度な量控えるよう心掛けましょう。

消化に時間がかかるもの・・・揚げ物、アルコール、コーヒー、緑茶、紅茶など
柑橘類・・・オレンジ、みかんなど
糖分の多いもの・・・チョコレート、ケーキなど

ストレス解消

仕事や子育て等で追い込まれストレスを感じているときは、気分転換に好きなことをしたり適度な運動を行うなど自分なりにストレスの解消法を見つけましょう。

睡眠を十分にとる

十分な睡眠を取ることは、自立神経を整えることに効果的です。

禁煙

タバコは胃粘膜の抵抗力低下と胃酸の過剰分泌促進の悪影響を及ぼしてしまいます。
どちらにしろ、タバコは身体にとってメリットはないので禁煙を心掛けましょう。

当院で受診が可能です

当院では、胃痛の患者様の症状に応じて問診やピロリ菌検査、内視鏡検査などを行い、適切な治療を行います。
胃痛は命にかかわる重症の場合もありますので、いつもより痛みを感じたり、違和感を感じる方は医療機関に受診することをおすすめいたします。
些細なことでも構いませんので気軽にご来院ください。
また、当院ではお忙しい方でも診察できるように24時間web予約を受け付けておりますので、こちらもご活用くだいさいませ。

029-304-0288 外来・検査の24時間WEB予約 事前WEB問診
pagetop
医療法人維誠会採用サイトへのリンクボタン
pagetop
事前WEB問診 外来・検査の24時間WEB予約
医療法人 維誠会 採用サイト医療法人 維誠会 採用サイト