成人鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアとは

”そけい”とは太ももの付け根の部分をいい、ヘルニアとは体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。 「ソケイヘルニア」とは、本来お腹の中にある腹膜や腸の一部がソケイ部の筋膜のすきまからソケイ管というスペースを伝って皮膚の下にはみ出した状態のことを言います。一般に脱腸と言われています。

 

鼠径ヘルニアの種類

外鼠径ヘルニア

男子乳幼児に多いヘルニアです。鼠経ヘルニアでは最も多く、右側に発生しやすい傾向があります。鼠経靭帯の上に、外側から出るタイプです。

内鼠径ヘルニア

加齢による筋力低下によって起こるため、中高年男性に多いヘルニアです。鼠径靭帯の上に、内側から出てくるタイプです。

大腿ヘルニア

出産経験のある中高年女性に多いヘルニアです。大腿部の筋肉や腹膜が弱くなって出てくるタイプです。

鼠径ヘルニアの症状

初期のころは、立った時やお腹に力を入れた時に、ソケイ部にやわらかい腫れが感じられます。痛みというよりは違和感という感じでしょうか。ふつうは指で上から押えると容易に引っ込みます。ヘルニアの入り口となる筋肉の穴が次第に大きくなると、小腸などの臓器が脱出するようになり、そのたびに痛みを覚えるようになります。手で腫れを戻そうとしても容易に戻らなくなり、嵌頓を起こし緊急手術が必要になることがあります。痛みを感じるようになったら、手術を考えた方がよいと思います。

鼠径ヘルニアの原因

成人の鼠経ヘルニアは、足の付け根にある筋肉や腹膜が弱くなることが原因で生じるため、発症が多いのは40歳以上です。リスクが高いのは立ち仕事をされている方、便秘になりやすい方、そして肥満している方です。また、過度な運動や力仕事など日常的に強い腹圧がかかる方や筋肉が衰える中高年の発症も多くなっています。咳も腹圧を上げますので、疾患によって長く咳が続く方も注意が必要です。さらに出産を経験した女性の発症も多くなっています。

鼠径ヘルニアを放置すると…

放置した場合、ヘルニアで飛び出した臓器の根本が筋肉で締め付けられて元に戻らなくなった状態になることがあります。これは嵌頓(かんとん)と呼ばれており、締め付けられるような強い痛みを感じます。これにより、血流が阻害されて腸が壊死する可能性もありますし、腸閉塞を起こして命にかかわることもありえます。早急な治療が必要になりますので、嵌頓が起こる前に治療しておくことをおすすめしています。